プロフィール

tosiyukimaeda

Author:tosiyukimaeda
不妊症、不妊治療、男性不妊でお悩みの方を応援するブログです。

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

不妊の治療について

妊娠したいなら、病院にいくのは早めに!
身体になにか不妊の原因があるのだとしたら、まずはその原因をみつけ、治すことが先決です。
早く不妊治療して、早く妊娠するために、さあ、病院へ行こう!

妊娠したい『最初の一歩』は早いほどいい
避妊をしていなくて、排卵があって、排卵日周辺にSEXをしているカップルが半年経っても妊娠しない場合には、不妊治療のために病院を受診していいと思います。

ただし、これはまず、基礎体温などから排卵をある程度予測していたときの場合です。
そうでなく、自分独自の感覚で「排卵日周辺にSEXしてきたつもり」という人は、1年待ってからの受診をおすすめします。
よく「不妊期間1年で病院に行ったら、早すぎるといわれて追い返された」という話を聞きますが、これは病院の方が悪いケース。

不妊治療をはじめるのに、早すぎることはありません。むしろ、早すぎる方が、よい結果をもたらすこともあるのです。

その理由は、不妊症の検査や治療には時間がかかるからです。たどえば、妊娠しようと思ってから2年経ち、それから病院
に行き、不妊治療に2年かかったとすると、この時点で、すでに4年経ってしまっています。精子や卵子の状態は、年齢とと
もに悪くなっていきますから、4年経った現在の方が、最初のころより妊娠しにくくなっています。

このように、年をとるということは、妊娠にとって決してよい状態とはいえません。「最初の一歩」が早ければ早いほどいいという理由は、ここにあります。

●こんな場合はすぐに受診して次のような場合には、半年待
たずに病院へ行きましょう。

1.女性生理不順、生理痛がひどい、不正出血、以前卵巣の手術をしたことがある

2.男性 SEXの回数が少ない、精液の量が少ない・色が黄色い、以前性病にかかったことがある

●『将来設計』にしばられないで
もしあなたが、年齢を基準にして妊娠・出産を考えているのなら、病院に行く時点で、その「将来設計」を改めた方がよいでしょう。

不妊治療は、とかく時間のかかるもの。30歳で産んで、33歳で2人目を…という予定にしばられていると、ストレスがたまってますます不妊を悪化させることにもなりかねません。あせる気持ちもわかりますが、まだ時間はあると、のんびりかまえる姿勢も大切です。
スポンサーサイト

タグ : 不妊 治療 病院 男性 妊娠

不妊治療、病院選びのポイント

病院選びのポイント
「どの病院へ行こう?」最初はだれしも迷うものです。
ここでは、自分に合った病院を探す方法を紹介します。

まずは近場でさがそう
白宅の周辺や、勤め先の近く、通勤途中など、通いやすいところの病院を探しましょう。検査がはじまると、月に2~3回、多いときはもっと通うことになりますから、通いやすいにこしたことはありません。不妊症の専門誌や電話帳で探したり、人からの紹介も、病院探しのよい目安になります。

病院の規模は、あまり関係ありません。有名な大学病院だからといって、一概にいいともいえませんし、小さな個人病院だから不安、ということもありません。
大切なのは、不妊治療に熱心かどうか、ということ。たとえ規模が小さくとも、必要な際には提携している施設を紹介してくれる、ということであれば問題ありません。


●病院選びのポイント
1.評判がよく、通院患者の雰囲気もいい
2.検査や薬の説明がある
3.久しぶりに行っても気持ちよく迎えてくれる、病院を変わりたいときにも良心的である
4.状況をていねいに聞いてくれる質問にきちんと答えてくれる
5.設備がととのっている、もしくは専門施設と提携しているトイレがきれいである
6.明るい雰囲気でスタッフも好印象

タグ : 不妊 治療 病院 男性 ブログ 検査 原因

不妊治療 病院に行くときの準備

できれば「夫婦2人で」が理想ですが、最初は女性だけ、という患者さんも多いもの。婦人科をこわがる方もいるでしょうが、普通のお医者さんと同じですから、安心して受診しましょう。

予約のときに確認すること
まずは電話で、初診の予約を入れましょう。時期としては、できれば生理が終わったころがよいでしょう。内診がこわいという人は、初診で内診をするかどうか、聞いておきましょう。内診は初診に行う病院が多いものですが、なかには患者さんの気持ちを考慮して、「初診では内診を行わない」という病院もあります。

また、初診にかかる費用もさまざま。保険がきくものと、きかないものがありますから、事前にいくらくらいかかるかを聞いておきましょう。

問診項目を確認しておこう
初診では、いままでの身体の状態や病歴などを聞く「問診」
一所定の用紙に記入があります。生理の周期や、過去に病気になった年齢など、さまざまなことに答えることになりますから、答えにこまらないよう、事前にメモしておくとよいでしょう。

●基礎体温を測っていない場合
病院に行くときは、2か月分の基礎体温表を持っていくのがベストです。しかし、せっかく病院に行こうと思い立ったのに、基礎体温を測っていなかった、という
人もいるでしょう。そういうときは、墓礎体温表を持たずに受診して0K。せっせと基礎体温表をつくって、2か月経ってから受診するなんて、時間の無駄づかいをしないように。


●保険診療の制約
健康保険では、原則として月に1回の検査しかできないことが多く、そのためひと通りの検査が終わるまでに時間がかかってしまいます。そのような場舎には、
自費診療で検査を受けることをおすすめすることもありますが、墓本的な検査はほとんど保険の範囲でカバ
ーすることができますので心配いりません。


タグ : 不妊 男性 治療 病院 ブログ 検査 原因 妊娠

不妊治療はこうしてすすむ

不妊治療は、大きくわけて一般不妊治療と高度不妊治療の2段階でですすみます。原因もその程度も、人によって症状はさまざまです。

●原因がわかるまでに2から3か月かかる初診の後は、初診時の検査の結果などをふまえて、いろいろな検査を行っていきます。ひと通り検査が終了するまでには、2から3か月かかると考えてください。このころには、不妊の原因がある程度予測できることになります。ここからが、本格的な不妊治療の始まりです。

●一般不妊治療は二年が目安
男女とも、治療の方法は原因によってさまざまです。薬を使って排卵の状態をよくしたり、ホルモンのバランスを整えるなどの処置を行います。ときには、手術をした方がよい場合もあります。そのような治療と並行して、自然に妊娠するよるためのタイミングを指導していくのです。人工授精までを含めて、このような治療を続ける目安はだいたい2年ぐらいです。

●高度不妊治療へすすむとき
一般不妊治療を2年ほど行っても妊娠のきざしが見られない場合には、本人の気持ちを考慮したうえで、高度治療へとすすみます。経済的な問題もありますから、夫婦でよく考えて決めてください。医学の進歩のおかげで、高度不妊治療による妊娠率は向上しています。希望を持って、がんばりましょう。

タグ : 不妊 男性 治療 病院 ブログ 検査 妊娠

不妊治療と心のケア

不妊治療をはじめて、1年、2年、3年と経っていくうちにさまざまな心の葛藤が生じます。たび重なる検査、そして何度も行
われる人工授精、体外受精。「よい卵がとれた」といわれても、またもや妊娠しない理不尽さ。あせり、不安。不妊治療の期間には、そんな心の葛藤が、いく度となくおそってきます。
不妊ストレス、という言葉があります。不妊であることが心の大きなストレスとなり、心ばかりでなく、身体にも悪影響が出てしまうというものです。内向的な人はもとより、楽観主義を自負しているような患者さんでも、このような時期に一度は必ずぶつかります。特に、不妊の悩みは人に打ち明けにくく、ひとりで内にこもってしまうことが多いようです。

そんなときは、なんとか自分で、自分の気持ちを引き上げる努力をしてほしいと思います。また、自分だけではどうにもならない場合には、早々にカウンセリングなどの手を借りる方法をとってほしいと思います。悩んでいてもはじまらない、悩んでいても解決しないと割り切り、不妊を乗り越える努カをしてほしいのです。

周りには、いろいろいう人もいるでしょう。「赤ちゃんは?」とか「跡継ぎ(孫)はまだか」とか、周りの人とは勝手なものです。そんな言葉は放っておきましょう。容赦ないことをいう友人の言葉も、しらんぷりしておきましょう。不妊治療にもっとも大切なのは、当人の心の健康、医師との連携、そしてパートナーとのよい関係なのです。

タグ : 不妊 治療 男性 病院 ブログ 検査 原因 妊娠

| ホーム |


 BLOG TOP