プロフィール

tosiyukimaeda

Author:tosiyukimaeda
不妊症、不妊治療、男性不妊でお悩みの方を応援するブログです。

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性不妊について

男性不妊、をもっと知ろう
不妊原因の約半分は、男性側の問題であることがわかっています。とかく女性ばかりが矢面にたたされがちですが、実は女性の方が治る率は高く、男性不妊治療の方がむずかしいものです。

スポンサーサイト

タグ : 男性 不妊 治療 検査 病院 漢方 原因 ブログ

男性不妊の原因

精液の中に、精子がいない?
射精は行われていても、その中に精子が1匹もいない、もしくは非常に少ない場合は妊娠しにくくなります。また、精子が奇形の場合や、精子の運動能力が悪い場合も同様です。このような「精子の異常」は、男性不妊原因の約9割をしめており、

男性不妊のほとんどがここに問題があると思われます。
精子の状態を知るためには、精液検査が欠かせません。男性にとって非常にいやな検査ではありますが、ここを乗り越えなくては後々の結果や治療は得られません。覚悟して臨みましょう。なお、精液検査治療の時期をみつつ、何度か行われることがあります。また、人工授精や体外受精などの場合にも、
当然精液が必要になります。

●無精子症
精液の中に精子が1匹もいない状態。

●精子滅少症
普通、精液1㏄あたりに平均で6000万匹
以上いるはずの精子が、2000万以下しかいない状態。精子無力症や、奇形精子症を併
発していることも多い。

●精子死滅症
精子の数は普通であって、運動性のない、精できない精子ばかりである状態。

●精子無力症
死滅症ほどでなくとも、運動能力の悪い精子が70%を占める場合。

●奇形精子症
精子の頭が2つあったり、尾がないなどの奇形精子が60%以上である場合。

●精液検査のときの状態
精子の状態を知るために欠かせない精液検査ですが、そのときの心身の状態により、精子の数が減少することがあります。たとえば、風邪や発熱時、睡眠不足、二日酔い、ストレス、ビタミン不足、タバコの吸い週ぎ、そして精液をとることへの不安や緊張など。精液検査のときは、なるべく健康な状態で、リラックスして臨むことが大切です。

精子が悪くなった原因は?残念ながら、現代の医学では約6割が「原因不明(特発性造精機能障害)」とされています。原因不明とはいいつつも、その背景にはコンピュータの氾濫や、大量に生産・消費・排出されている化学物質による環境ホルモンの影響など、現代病ともいえるさまざまな危険因子が指摘されています。「原因不明」以外の残りの4割は、主に次のようなことが原因であると思われます。

●精索静脈瘤
あお向けに寝たとき、精巣の上部からふともものつけねのあたりに、なめくじが乗ったようなふくらみ(瘤)ができます。これができると、睾丸周辺の静脈の血液循環や、弁の機能が悪くなり、そのために睾丸が温められ、精子をつくる能力が低下するというものです。なお、瘤ができるのは主に左側です。治療には手術が必要な場合もありますが、手術によって精子数が回復する率は半数以上と、効果の高い治療法です。


●停留睾丸
いわゆる「フクロ」の中に「タマ」がなく、睾丸が腹腔内や股のつけねにとどまっている状態。ほとんどは出生後1年以内に治りますが、治らない場合にはガンになるおそれもあり、手術が必要です。

●クラインフェルター症候群
染色体異常によるもので、残念ながら、現在では治療法はありません。

SEXができない、性機能障害
勃起や射精に問題がある場合を「性機能障害」といいます。症状はさまざまですが、「勃起が十分でない」「なかなか射精できない」「膣への挿入ができない」など、なかには「そもそも性欲がわかない」というケースもあります。過去の性体験や女性に対する不信感、パートナーとの問題など、原因のほとんどが心理的な問題です。

精子が遍れない、遍週障害
精子がつくられているのにもかかわらず、精子が外に出られない状態を「精子通過障害」といい、精管の問題が考えられます。原因不明のものも多く、わかっていることとしては、主に次のようなものがあげられます。

●逆行性射精
射精時の精子が、弁の異常によって膀胱に流れてしまい、射精する精液が少なくなる。筋肉と関係の深い神経と、弁の異常が原因とされている。

●ヘルニア(脱腸)手術の後遺症
子どもの頃、ヘルニアの手術を受けた際に、誤って精管をしばられてしまったケース。

●精巣上体炎・精嚢の炎症
結核や性行為による感染症などが原因で、精管がつまったり、精嚢に異常のあるケース。

●先天性精管異常
生まれつき精管がない状態のこと。

タグ : 男性 不妊 治療 検査 病院 漢方 原因 ブログ

インポテンツ

検査の結果、インポテンツの原因が明らかになると治療が始まります。治療にあたっては、薬の服用の仕方や生活指導などにっいて、医師の指示がありますので、よく守るようにしてください。インポテンツの治療には、次のものがあります。

①精神療法、
心因性のインポテンツは、夫婦関係や日常生活の他みなどがストレスとなって起こります。
また、新婚初夜にセックスを失敗したことが原因で、男性が白信を失い、インポテンツになることもあります。
治療は、まず患者さんの健康状態を検査して、その結果をわかりやすく説明することで本人が心身ともに健康であることを自覚させる、という簡易精神療法が行われます。さらに、カウンセリングによってセックスに対して無意識にいだいている嫌悪感や、精神的なダメージ、白信喪失の原因などを調べ、それらを解消するためのアドバイスを時間をかけて行います。
因性のインポテンツの治療にあたっては、パートナーである妻のやさしい心づかいや、ねぎらいの言葉が大切です。妻の深い愛情と思いやりが、特効薬になることもあります。

②薬物療法
現在、インポテンツの治療に使用されている薬剤には、次のようなものがあります。
■ホルモン剤
性腺機能不全に有効な男性ホルモン、性欲増強と勃起不全の原因となる高プロラクチン血症に有効なブロモクリプチンなどが使用されます。

③血管外科的治療
ミ動脈硬化や糖尿病、高血圧症などが原因で、陰茎海綿体に血液が十分に流れず勃起カが減退ることがあります。この場合、血流を確保するために、壕の除去や人工血管の置換術なとの血管外科的手術が行われることがあります。

④陰蚤プ□ステーシス挿入手術
正常に勃起しないときに、陰茎轟体の両側に-対の陰茎プロステーシスという器具を挿入し、性交を可能にする手術です。プロステーシスには、ノン・インフタブル陰茎プロスシスと、インフレータブル陰茎プロステーシスの・種類があります。現在では、手術時間や入院期間が短くてすみ、安価なノン・インフレータブル型が多く使われています。

しかし、機能面ではインフレータブル型のほうがすぐれている点も多いため、どちらを用いるかは、医師と相談のうえで決めることになります。

⑤陰圧式勃起補助具
プラスチックの円筒を陰茎にかぶせて密封し、ポンプによって円筒内の空気を吸い出すことで内部を陰圧にし・陰茎海綿体に血液を呼び込んで勃起状態をつくり出す器具です。
陰茎の根元を合成樹脂のリングで締めて血液の流出を防いでから円筒をはずすと、約30分は勃起状態を維持することができます。副作用などの心配が全くない、すぐれた器具ですが、使
肝時に必要な作業や不快感、またパートナーの理解が必要など、いくつかの問題があります。
欧米では医療器具として扱われています。

⑥バイアグラ
バイアグラは狭心症の治療薬として開発された薬剤ですが、服用している心臓病の患者さんのインポテンツが治って勃起がよみがえったことから、大ブームになりました。日本の厚生も異例の早さでバイアグラを認可したため、マスコミでも語題となりました。
バイアグラは陰茎海綿体に直接作用して勃起状態をつくります。
服用すると、約70~80%に効果があるといわれ、精子や精巣に与える影響もないので、男性の不妊症の治療薬として、大きな注目を集めています。しかし、副作用もあり、心臓に障害や病気がある人や、重度の肝機能障害の人などが服用すると、最悪の場合、死を招くケースもあります。
そのため、バイアグラの処方を受けるためには、血圧測定や血液検査、心電図、胸部X線検査などの検査を受けて心臓の健康を確認することが必要です。

⑦マカ
南米ペルーのアンデス地方に、数千年前から伝わっている薬草です。栄養価の高い滋養強壮の植物として珍重され、インカ帝国の時代には特権階級の食べ物とされたほど、貴重な薬草として扱われてきました。最近では、マカにはホルモンのバランスをととのえ、男女ともに妊娠しやすくする有効成分が入っていることから、バイアグラ人気とともに「自然のバイアグラ」といわれ、強精剤として話題になりました。
マカを不妊治療とともに用いると、副作用もなく短期間で自然妊娠するといういいことずくめの生薬です

マカは、カブのような形をした植物で、生のままで国外に持ち出すことは禁じられており、太陽の光で天日乾燥したものか、または人工的に機械で乾燥させたものを粉末にし、輸出されています。

タグ : 男性,不妊,治療,検査,病院,漢方,原因,ブログ

男性不妊が治りにくい理由

近年、男性不妊がクローズアップされています。「不妊原因は男女半々」といわれているにもかかわらず、男性の方が大きな問題としてとりあげられている理由は、男性不妊が治りにくいから。

いいかえると、男性不妊のもっとも大きな原因である「精子の異常」を治す確実な方法が、まだ発見されていないからなのです。

女性は生まれつき、卵子という「卵」を持ち合わせています。卵がある以上、その卵を成熟させて排卵させたり、卵をとり出して受精させることが可能です。

しかし、男性の場合、精子のもととなる「卵」のようなものを持ち合わせて生まれているわけではありません。新鮮な精子を、自分の身体で、毎日つくり出さなくてはならないのです。

この「つくる」という機能に異常があっても、現在の医学では、精子を「つくる」治療法を見出せていません。そのため、男性不妊の直接の原因治療することができないのです。

体外受精も顕微受精も、少ない精子をなんとか有効利用しようという方法であって、100万の精子を1億に増やすというものではありません。精子製造のメカニズムに医学的なメスが入らないかぎり、男性不妊治療はむずかしいとしかいえないのが現状なのです。

タグ : 男性 不妊 治療 病院 ブログ 検査 原因

男性の二人目不妊

男性の二人目不妊の場合、男性の精子を調べてみると、意外に精子の状態が悪い人が多いものです。これは女性と同じく、男性も「もともと不妊症だった」というケース。

年齢とともに精子の状態が悪くなりますから、これにも早めの治療が必要です。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。