プロフィール

tosiyukimaeda

Author:tosiyukimaeda
不妊症、不妊治療、男性不妊でお悩みの方を応援するブログです。

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

不妊治療 検査

■頸管粘液検査
排卵前の頸管粘液をとり、乾燥させて顕微鏡で見る方法です。排卵前だと、きれいなシダの葉状の結晶がみえますが、排卵が終わると結晶はみられません。この方法では、排卵があるのか、排卵がいつなのかを知ることができます。

■超音波検査
卵巣や子宮の状態を調べる検査です。お腹の上に装置をあてると、中の状態を画像で見ることができます。お腹の上から調べる方法の他に、細長い装置を膣内に入れて調べる方法もあります。

この検査では、子宮や卵巣の腫瘍、炎症、奇形などを調べることができ、さらに排卵日を予測するのにも役立ちます。身体の害のない検査法です。

■通気・通水検査
卵管の状態を調べる検査です。子宮内に炭酸ガスや水を入れ、卵管をどのように通過するかを見ます。この検査では、人によって痛みを伴うことがありますが、痛みがひどい場合には卵管がつまっているということも考えられます。痛みがあったら、医師にきちんとつたえましょう。

■子宮卵管造影検査
通気・通水検査と同様、卵管の状態」を調べる検査で、子宮形態の異常を知るために欠かせない検査です。造影剤(ヨード)を膣から注入してX線で撮影します。子宮と卵管に流れ込んだ造影剤が白くうきあがり、形をはっきりと観察することができます。バリウムを飲んで行う胃の検査と同じようなものです。

■選択的頸管造影検査
比較的新しい検査法です。両側の卵管を1本ずつ造影します。細いワイヤーを使って、閉塞している卵管の場所を特定治療することができます。治療後の妊娠率も高く、期待の高い検査法
といえるでしよう。

■子宮鏡検査
子宮卵管造影検査が胃の検査でいうバリウム検査なら、この子宮鏡検査は胃カメラと同じような検査です。検査の方法は、子
宮内に直径3㎜の太さの細い管を入れ、先についているカメ一フでなかの様子を観察します。カメラからの影像は、モニターに映し出されます。
子宮筋腫や内膜ポリープ、奇形、癒着、炎症がないかを調べるための検査ですが、ポリープがあった場合には、小さなものな
らそのときにとることもできます。ファイ.バースコープを挿入する際に、痛みのあることがありますが、5分程度で終わりますので我慢してください。

■腹腔鏡検査
おへそに1㎝ほどの穴をあけ、そこからファイバースコープを挿入します。腹腔内や卵管、子宮などがくわしく観察できます。全身麻酔で行うことや、おへそとはいえ身体に穴をあけることから、やや負担の重い検査ですが、身体の中の状態がかなりくわしくわかるため、非常に有効です。なお、検査には3~4日ほど入院が必要になります。

■フーナーテスト
こ主人の精子が、あなたの子宮頸管を通過できるかどうかを調べる検査です。検査は、排卵日直前に行います。まず、検査の前夜、あるいは朝にSEXをしてもらいます。30分ほど安静にした後、4時間以内に病院に来て検査を行います。膣内で射精された精子は、普通ならすでに子宮頸管を通りぬけているはず。そこで頸管粘液をとり、粘液内に精子が泳いでいるか、運動能力はどうかなどを顕微鏡で調べます。

■ホルモン検査
生理不順や排卵の異常、子宮の状態が悪いときの原因には、ホルモンバランスの異常が多く見られます。このホルモンの状態を調べるための検査です。尿から調べる方法と、血液検査で調べる方法の2つの方法で行います。

スポンサーサイト

タグ : 不妊 男性 治療 病院 ブログ 検査 原因 妊娠

| ホーム |


 BLOG TOP