プロフィール

tosiyukimaeda

Author:tosiyukimaeda
不妊症、不妊治療、男性不妊でお悩みの方を応援するブログです。

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

着床障害

排卵があり、精子とも受精できるのに、受精卵が子宮に着床できない状態です。
子宮自体に原因が場合と、ホルモンバランスのくずれが原因な場合があります。

■子宮が先天奇形といわれたら
生まれつき子宮の形が普通とちがっていて、そのために不妊や流産の原因となっている状態です。子宮の形によっては手術を行うこともあります。手術を行うケースは、流産を繰り返し起こしている場合(習慣流産)や、明らかに子宮が原因での着床障害がある場合などです。た
だし、子宮や膣がまるっきりないという場合には、残念ながら治療法はありません。

●発見のための検査 
子宮卵管造影検査

●主な治療法 
タイミング指導、手術

■子宮筋腫
子宮筋腫とは、子宮の筋層や子宮内部にできる良性の腫瘍です。ひどい生理痛や貧血を起こしている場合もありますが、なかにはほとんど目覚症状がなく、不妊治療を受けるまでまったく気づかなかった、という人も多くいます。最近では、20代の患者も増えている病気です。
子宮筋腫は、筋腫がかならずしも不妊の原因になるというものではありません。
腫瘍ができた場所とその大きさによっては、なんの心配もない場合もあります。
子宮筋腫があるといわれたら、まずどこにできているのか、大きさは問題ないのか、不妊への影響はどのくらいなのかを確認し、よく相談して治療法を決めるようにしましよう。

●筋腫の大きさ
できる場所によってちがいますが、一般的には4~5㎝程度であれば手術はせずに様子をみます。それ以上の場合には手術をする可能性も。ただし、粘膜下筋腫の場合は、たとえ1㎝でも着床のさまたげになることがあります。

ときには手術が必量な場合も
子宮筋腫の治療は、腫瘍ができている場所と腫瘍の大きさを考え、薬で治療するか、手術をおこなうかを決定します。手術をする場合、特に妊娠を望んでいる人に
できるかぎり子宮をとり除く手術はさけます。医師とよく相談し、負担が最小限になるような手術法を選びましょう。ただし、腫瘍だけを取り除く手術は、再発が高いもの。そのリスクをよく覚えておきましょう。

●発見のための検査 
超音波検査、

●主な治療法 
薬による治療、手術

■子宮内膜の異常
●子宮内膜ポリープ
子宮内膜にできる、良性のイボのようなものです。内膜
の表面がデコボコになり、そのため着床しにくいと考えられています。この場合、子宮鏡を使ってポリープをとり除くことができます。

●子宮内膜癒着
子宮内膜が炎症などを起こし、そのため中の一部がくっ
ついてしまった状態です。クラミジアや過去の妊娠中絶、出産時の帝王切開などが原因となって起こります。子宮鏡を使って癒着をはがす治療が行われます。

●黄体機能不全
排卵期にもっとも厚くなるはずの子宮内膜が、黄体ホル
モンの分泌が少ないために厚くならない状態です。この場合、運よく着床できたとしても、それを維持することができずに流産する可能性が高くなります。

黄体機能不全の場合、基礎体温表の高温期が9日以下と
短いのが特徴ですが、まれに高温期が10日以上つづいている場合があり、基礎体温表だけでは見逃されることもあります。そういう場合には、高温期にホルモン検査を行ったり、子宮内膜組織検査を行ったりして発見します。

高プロラクチン血症(潜在性も含む)が原因で、黄体機能不全を起こしているケースもあります。

●子宮腺筋症(子富内膜症の一種)
子宮内膜が筋層に入り込み、筋層が炎症を起こしている
状態です。生理の量が多くなったり、生理痛がひどいなどの症状が出ます。薬による治療がほとんどです。

●発見のための検査 
ホルモン検査、超音波検査、子宮卵管造影検査

●主な治療法 
子宮鏡 薬による治療、掻爬術、排卵誘発剤の投与



●基礎体温は正常なのに…
基礎体温表をみるかぎりでは、正常なようにみえるのにもかかわらず、病気がひそんでいる場合があります、
代表的なものでは、黄体機能不全、卵胞未破裂症候群.
潜在性局プ□ラクチン血症.高ゴナドトロピン性卵巣機
能障害などがあります。

■子宮がん
子宮がんには、子宮の頸管にできる「子宮頸がん」と、子宮内膜にできる「子宮体がん」の2つがあります。このうち、妊娠にとって深刻なのは「体がん」の方でしょう。体がんの場合は、子宮を全部とり除く手術が一般的です。頸がんの場合、初期のうちにレーザー治療で焼灼する方法をとれば、今後の妊娠も可能です。

●主な治療法
手術、レーザー治療、抗ガン剤の投与

●卵巣がん
卵巣がんの治療も、妊娠可能な状態を維持できるのは
こく初期のうちだけです、卵巣は左右に1つずつあり、
どちらか一方だけでも今後も妊娠は可能です。
しかし、片方の卵巣ががんになると、もう一方の卵巣にも転移している可能性堂局く、再発の危険があります。一般的に、手術後2年は妊娠をさけた方がよいとされています。また、卵巣をとったことや抗がん剤の使用により、卵巣機能が低下するおそれもあります。

スポンサーサイト

<< 排卵障害 | ホーム | 卵管障害 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP