プロフィール

tosiyukimaeda

Author:tosiyukimaeda
不妊症、不妊治療、男性不妊でお悩みの方を応援するブログです。

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

不妊の治療について

妊娠したいなら、病院にいくのは早めに!
身体になにか不妊の原因があるのだとしたら、まずはその原因をみつけ、治すことが先決です。
早く不妊治療して、早く妊娠するために、さあ、病院へ行こう!

妊娠したい『最初の一歩』は早いほどいい
避妊をしていなくて、排卵があって、排卵日周辺にSEXをしているカップルが半年経っても妊娠しない場合には、不妊治療のために病院を受診していいと思います。

ただし、これはまず、基礎体温などから排卵をある程度予測していたときの場合です。
そうでなく、自分独自の感覚で「排卵日周辺にSEXしてきたつもり」という人は、1年待ってからの受診をおすすめします。
よく「不妊期間1年で病院に行ったら、早すぎるといわれて追い返された」という話を聞きますが、これは病院の方が悪いケース。

不妊治療をはじめるのに、早すぎることはありません。むしろ、早すぎる方が、よい結果をもたらすこともあるのです。

その理由は、不妊症の検査や治療には時間がかかるからです。たどえば、妊娠しようと思ってから2年経ち、それから病院
に行き、不妊治療に2年かかったとすると、この時点で、すでに4年経ってしまっています。精子や卵子の状態は、年齢とと
もに悪くなっていきますから、4年経った現在の方が、最初のころより妊娠しにくくなっています。

このように、年をとるということは、妊娠にとって決してよい状態とはいえません。「最初の一歩」が早ければ早いほどいいという理由は、ここにあります。

●こんな場合はすぐに受診して次のような場合には、半年待
たずに病院へ行きましょう。

1.女性生理不順、生理痛がひどい、不正出血、以前卵巣の手術をしたことがある

2.男性 SEXの回数が少ない、精液の量が少ない・色が黄色い、以前性病にかかったことがある

●『将来設計』にしばられないで
もしあなたが、年齢を基準にして妊娠・出産を考えているのなら、病院に行く時点で、その「将来設計」を改めた方がよいでしょう。

不妊治療は、とかく時間のかかるもの。30歳で産んで、33歳で2人目を…という予定にしばられていると、ストレスがたまってますます不妊を悪化させることにもなりかねません。あせる気持ちもわかりますが、まだ時間はあると、のんびりかまえる姿勢も大切です。
スポンサーサイト

タグ : 不妊 治療 病院 男性 妊娠

<< 不妊について | ホーム | 不妊治療、病院選びのポイント >>


 BLOG TOP