プロフィール

tosiyukimaeda

Author:tosiyukimaeda
不妊症、不妊治療、男性不妊でお悩みの方を応援するブログです。

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精子にもある? 縄文タイプ、弥生タイプ

 父親から男児に直接受け継がれるY染色体が3つのDNAの型を元に、日本人男性は「タイプ1」から「夕イプ4」までの4つに分けられるのだそうです。
このことから’04年9月、徳島大医学部中堀豊教授らのグループは、子供を持つ198人の精子数を調査し、タイプ別に統計分析をしました。その結果、大陸や半島から渡来した弥生人系とされるタイプ1、3、4では、精液lCC中の精子数が1億~1億2千万個あっだのに対し、縄文人系のタイプ2は8千万個と2割以上少なく、また無精子症になる確率も、タイプ2は2倍ほど高いこともわかったと厚生省の研究班の一環として行ない「ジャーナル・オブ・ヒューマンジェネティクス」にて発表しました。
ヒトの系譜を調べるには従来、細胞内のミトコンドリアDNAを使ってきましたが、母方の系統しかわからないことから、今回のY染色体分類は、父方の系統を調べる方法として注目され始め、5万年前に縄文人と弥生大の2タイプに分岐したと推定しています。
中堀教授は「縄文系が遺伝的に精子数が少ないのか、環境ホルモンなどへの抵抗性が低いためなのかは不明だが、精子数の基礎データをそろえる上で、タイプ別の集計が重要となる」と話しています。 あなたは、もしくはあなたのご主人は、縄文タイプ?弥生タイプ?どちらなのでしょう。気になりますね。
スポンサーサイト

<< ストレスと男性不妊 | ホーム | 精子の受精能力 自宅で簡単検査 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。