プロフィール

tosiyukimaeda

Author:tosiyukimaeda
不妊症、不妊治療、男性不妊でお悩みの方を応援するブログです。

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精子の受精能力 自宅で簡単検査

イギリス、バーミンガム大学とGENOSIS社(医療器メーカー)が共同で開発した自宅でできる精液検査キットfFertell』を’06年1月からB00T(大手薬局チェーン)より発売開始しました。
セットの内容は、男性用キットと女性用のキットがあり、女性用は尿検査でホルモン値から、卵巣にどれくらいの卵があるのかを推定することができ、男性用では、女性の頚部と同じような腹壁をつくり、これを通過できることができた精子の数を測定します。容器は、自動的に女性の体内温度まで温かくなるシステムだとか。開発のために3000人以上の精液サンプルを分析し、製品テストにおいては、男性15O人のサンプルからは、95%の正確さなデータが得られたとしています。
男性用キットで、結果が得られるまでの時間は、約ワ5分、運動能力がある精子の数がlml中1000万以上でノーマルとし、赤い線が表示されるようです。
女性用キットは30分ほどで結果が得られ、キットはセット価格でワ9ポンド99ペンス(約1万5000円)。
海外の製品、お取り寄せ可能なのかどうかは不明ですが、B00丁からはネット販売もされています。
病院へなかなか行きたがらないご主人族も多いことでしょうし「もしかして、不妊?」にもありかたいキットですよね。自宅で簡単に検査できるということで利用価値も高いでしょう。でも、最終的には、やはり病院での検査がよろしいと思います。

男性不妊
スポンサーサイト

<< 精子にもある? 縄文タイプ、弥生タイプ | ホーム | 男性不妊 クラインフェルター症候群? でも、あきらめないで! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。